Aブロック強化クリニック


先日、平岡中央小学校にてAブロック強化クリニックが行われました。
講師は元浅井学園大学の大内選手。ものすごいハンドリングとドリブルのスキルを持った選手です。現在はバスケットボール専門学校でドリブルとハンドリングの講座を持っているとのこと。もともとDVDで見ていたのですごいことは知っていましたが、間近で見ると本当にすごい!もはや大道芸の世界です。
本人曰く、ハンドリングが楽しく、自分でいろいろな技を作り出すのが楽しい、といっていました。家でいつもボールをさわっているそうです。楽しい!すごい!という裏にはたゆまぬ努力があるのですね。
 
さて、今週末はいよいよ新人戦です。新チームは経験者5人、新人5人。これでどれくらいバスケットができるのか?5年生3人でどれくらい試合が成立するものなのか?過去にも最上級生が3人で全道大会まで行ったというチームも多くありますので、決して勝つことは不可能ではないのですが、必ずその影にはスーパー下級生がいました。今回はほとんど未経験者です。
 
常識的に考えたら絶対勝てません。ミニバスはそんなに甘くありません。中学なら勝てるかもしれません。5人で良いのですから。でも、ミニバスは10人でなくてはならないのです。10人の力が必要なのです!これがミニバスのつらいところでもあり、ミニバスの精神でもあります。より多くの子供たちに試合をする喜びを与える。でも試合の喜びとはやはり勝つこと、結果を出すことだと思います。この辺がつらいところです。
 
この常識的に考えたら絶対に勝てないはずの試合ですが、なぜか期待させてくれます。何か楽しいことを起こしてくれるのではないか?そんな予感を感じさせてくれる3人です。週末を楽しみにしています。でも・・・勝ったら本当にビックリだ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中