様々なドラマ~秋季全市大会


大会史上初の『麻しん』による延期を始め、あちらこちらで波乱やドラマが起きた全市決勝大会も無事終わりました。

2回戦からまるまる3週間が空いてしまい、平岡中央の課題は体調管理。
本当にひどいものでメンバー10人がそろったのが2週間ぶりにやっと昨日という有様。
今日は全員がそろっただけでも立派なもの恥ずかしい
正直まともな練習などできていません。
さらに、昨日初の全道大会公開抽選会があり、ああ、○位だとあそこと当たるのか・・・
とすっかりわかっている微妙な空気の中、静かに大会が始まりました。

初戦はBブロック2位伏古との対戦。
前回の対戦では平岡中央が勝つことができましたが、何分練習不足。
比較的メンバーのそろっていた1Qはなかなかの滑り出し。
セット・モーション・速攻と練習通りのプレーが続き、16-6の10点リードで終わります。
ずっとメンバーのそろわなかった2Qはやはり動きが堅く、
出だしプレスに引っかかったり、リバウンドからのパスアウトミスをしたりと今ひとつ波に乗れません。
一時5点差まで詰められますが、粘りのオフェンスでこのQ10-11としのぎ26-17で前半を折り返します。
後半に至っては最近全く練習していません悲しい
出だし連続失点でいきなり5点差。
しかし、その後はプレスダウンも丁寧にこなし、練習通りの多彩なオフェンスから得点を重ねていきます。
ただ、3Qも4Qも終了間際に連続失点をして結局引き離すこともできず、47-38と前半のリードを保ったまま終了。

これで、5位か6位が決定。

続いて5~6位戦。相手はホッカン杯以来の北広島
あのときは同点でアベレージで平岡中央が決勝進出でしたが、今回はどうなるか?
出だし、お互い堅いディフェンスが機能し1Qを6-6。2Qを6-2と前半12-8とリードで折り返します。
3Qいきなり追いつかれたものの、その後じわじわとシュートが決まり、残り1分30秒を切って29-21とリードを広げます。
ここから猛然と北広島の反撃が始まります。
びっくりするほどミスを連発激怒
残り0.1秒で同点に追いつかれます。
いや~プレッシャーに弱い!弱すぎる!
同点延長になってからは全くいいところが無く、そのまま、29-35で終了
平岡中央の全市大会は6位で終わりました。

その結果、
平岡中央はMブロック
帯広1位 栄
南空知1位 南幌

と全道リーグを戦うこととなりました。
ここで2勝したチームが決勝トーナメントに進むことになります。

全道大会まであと1ヶ月。
自分の持っている力を更に伸ばして、全道大会に向かっていきましょう!
今日はお疲れ様でした!

来週は新人ポテト予選です。
メンバーそろうのだろうか・・・恥ずかしい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中