待望の練習試合


今年のチームになって、ずっと大麻東の監督と
「練習試合したいね!」
と言い続けていましたが、待望の練習試合がやっと出来ました。
先週の審判講習会でも少しやりましたが、あれはお互いに全力ではなかったので今日の練習試合が楽しみでした。
今日の相手は大麻東と桜木。
両チームとも全市大会には出られませんでしたが、絶対強い!
秋にはEブロックの台風の目となるでしょう。
 
初戦は桜木。
5月の3連戦以来の対戦です。
1Qは悪くない立ち上がり。
4年生ガードの成長が見られます。
いいタイミングでシュート・パスが出来るようになってきました。
あとはシュートが入れば・・・
課題がはっきりですね。
試合の方は、結局#4を止められず、5-8と3点ビハインド。
2Qは一気に追い上げ、14-9とリードを広げるものの、終わり方が悪く、結局14-13で終わります。
後半は試合的には完全に平岡中央ペースで進むものの、
相手にオフェンスリバウンドを奪われ、結局35-37と久々の逆転負け。
ラスト28秒の指示も全員に徹底できなかったのが気になります。
 
その後のミニゲームでは1Qしか出ていない選手で試合をしましたが、
相手の5・6年生相手にしっかりとボールを運び、セットオフェンスが出来るようになってきたいのがよかったです。
それでも、まだ、ボールをもらう意識がなかったり、
あわててプレーをする選手がまだいるので、まずは自分の気持ちを強く持って試合に取り組みましょう!
結果を出さないと自信は持てないし、結果を出すためには試合でプレーをしないといつまでもこのままだぞ!
 
2試合目は大麻東。
先週の審判講習会でもモデルゲームでは顔合わせ程度だったので、
今日は真剣勝負。
1Qはエース同士の点の取り合い。
ディフェンスの課題点もはっきりしているのですが、
なかなか取り組む時間と、やって出来るかどうかの保証がない(^^ゞ
10月までには何とかしたいとは考えているのですが。
結局相手のポストプレーを止められず、8-9の1点ビハインド。
 
2Qは相手のオフェンスをほぼ止める事に成功したものの、
シュートが入らず、結局14-11のいまいち離しきれない展開。
2試合連続で残り時間の使い方の説明をしましたが、理解できたかな?
 
後半に入り大麻東の怒濤のようなプレスが始まりますが、
さすがにトリオは落ち着いて処理します。
徐々にリードを広げ38-30で勝つことが出来ました。
 
来週は秋季交歓大会なので今の実力をしっかりと確かめましょう。
 
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中