いい練習試合とは・・・


2日連続の練習試合。
例年になく速いペースで試合がありますね。
ありがたいことですm(__)m
 
去年のブログを読み返すと、
この時期は試合の準備すら出来ず、相手に会場設営してもらうとか
およそあり得ない状態でした。
 
それから考えると、チームのスタートとしてはいいですね。
 
今日は清田緑との練習試合。
まずは清田緑。
あのときは途中まで食らいついていったものの、最後にずるずると点差を離されてしまいました。
今日はどうなるか?
 
立ち上がりリズムがつかめず、先制されるものの、
何とかフリースローやミドルシュートでついていきます。
新4年生同士のマッチアップが面白かったですね。
しかし、清田緑のシュート確率が半端なく、7-11で4点ビハインド。
 
最近調子がよくなってきた2Qは清田緑戦になると、途端に元気がなくなります。
気持ちの問題ですね。
 
やはりスポーツは
 
「ぜったい勝ってやる!」
「ぜったい止める!」
「ぜったい取る!」
 
などなど・・・
 
この「ぜったい!」と気持ちがないといい試合にはなりません。
消極的なプレーではいいシュートは生まれません。
結局さらに4点離され、11-19で前半を終えます。
 
後半に入り、清田緑のシュートも落ち出すと、全く互角の勝負になります。
ただし、いいプレーで互角なのではなく、
たんに相手がおつきあいしてくれている程度の試合。
最後にまたずるずるとシュートを決められ、
結局は19-33とあまり新人選抜選考大会のときとあまり変わらない試合となってしまいました。
 
続いて旭。
同じく新人選抜選考大会以来の対戦ですが、
思えはこの時の試合からチームバスケットらしさが出てきた感じがします。
 
今回は今ひとつピリッとしない1Qなので、少し仕掛けます。
まだまだ細かいことが出来ないので、無心にボールを追いかけさせます。
すると1Qを12-1とがんばります。
 
2Qはディフェンスは固く、しっかりと守れるのですが、
どうも、ドライブがゴールに向かえません。
もっと強い気持ちを持ってゴールに向かいましょう。
このQもリードを広げ、21-3で前半を折り返します。
 
後半は今ひとつリズムをつかめないものの、
前半のリードを保つ形で34-12で勝利。
 
続いて清田緑vs旭。
ここで波乱が起きます。
旭の驚異の粘りで前半からリード。
後半も互角の戦いでなんと旭の勝利!
これを見ていた平岡中央の選手の表情が変わります。
 
「自分達は限界までやっていたのだろうか?」
 
そしてお昼から今度は2Qずつ。
 
最初は清田緑vs平岡中央
 
今までのビビって縮こまった感じがなく、
力一杯、「がんばっています!」
というのが伝わる試合。
 
今までになく強いチームに対して、
「やってやる!」
という気持ちが伝わる試合。
 
ゴールに向かっていく気持ちが伝わり出します。
結局前半2Qを10点差近くつけて勝ち越します。
 
やれば出来るじゃない!(–)/~~~~~~~ピシッ
 
続いて旭。
旭も緑に勝ってから急に別チーム。
1Q、さっきは12-1でリードした相手に負けて帰って来ます。
しかし、2Qに入り、全く進ませません。
一気に逆転するとガンガンと引き離していきます。
 
 
その後の清田緑vs旭は今日の鬱憤を晴らすかのような、
清田緑のシュート祭り!
いや~
入る、入る。
アレはお手上げです(^^ゞ
 
というわけで3チームともいいところと悪いところがはっきりと出て、
とてもタメになった練習試合でした。
 
次は4月末の春季強化リーグ。
続いてGWは苫小牧と旭川からチームが来てくれることになりました。
ありがたいことです。
3月から練習できないことが多かったので、
火曜日からしっかりと練習に取り組み、レベルアップを図りましょう!
 
6月の春季大会
そして7月の新人交流大会すぐやってくるよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中