敗北の涙


春季大会5位決定戦。
いつもの旭との対戦で、GWで負けて1か月。
今回は・・・
 
1Qからイージーシュートをハズしてスタート。
連続でゴール下をはずす6年生。
今ひとつ流れに乗れません。
6-7で1点ビハインド。
 
2Qはめちゃくちゃ。
もうパニックを起こしています。
何をしたいのかがバラバラで、とにかく自爆を繰り返します。
フィールドゴールは許さないものの、
訳の分からないファールを重ねてフリースローで得点を取られます。
 
ミズキのパニックは何とかならないものだろうか?
運動能力は高く、決められたことに対してはしっかりとやろうとする。
しかし、練習通りになんて動いてくれないのがバスケット。
きっと、そうなるとパニックになるのだろうなぁ。
今までも何人かパニックになる選手を見てきたが、
正直治ったことがない(;O;)
 
だれかいい対策、情報があったら教えて下さいm(__)m
 
結局2Qも1-4と3点ビハインド。
 
後半に入り、基本的に攻め続ける平岡中央。
圧倒的にシュート数は多いが入らない。
あまりにイージーシュートをハズしすぎ!!(`ヘ´) プンプン。
ゴール下でしっかりとジャンプシュートが打てない6年生とは情けない・・・
逆に少ないシュートチャンスをものにする旭。
なんとかヒナコの連続得点で食らいついていきます。
しかし3Qも8-8で点差が縮まらず。
 
4Qにはいってもシュートは入りません。
レイアップもゴール下もロングもすべてダメ。
応援が悲鳴に変わっていきます。
流れは平岡中央に来ているように感じますが追いつけません。
最後もなが~い30秒をキープされゲームセット。
30秒は?・・・どうしてリセットしたのかなぁ?
まあ、終わってしまったのでしょうがない。
19-21と、ついにシードを失ってしまいました。
 
 
しかし、悔しかったのでしょう。
試合後、5年生が泣いていました。
 
自分がもっとしっかりとやっていたら・・・
 
あのシュートを入れておけば・・・
 
試合の後でこう言っていました。
 
バスケットで初めての悔し涙でしょう。
 
 
 
今までは、
 
 
誰かにやってもらう。
 
別に負けても私のせいじゃない。
 
だから、別にあまり悔しくない。
 
 
そんな、感じがずっと続いていました。
 
 
 
 
またチームはどん底まで落ちてしまいました。
 
ここから這い上がれるか、
 
このまま今シーズンは終わってしまうのか。
 
それはまだまだこれからのお話。
 
 
7月の新人戦。
どういう目標を持って取り組むのか。
 
期待しましょう。
 
子ども達の力に。
 
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中