夏季交歓大会~成果と今後の課題


何とか新型インフルエンザによる影響をまぬがれた夏季交歓大会。
この後の、夏季全道交歓大会やホッカン杯も無事出来ますように〔(/-o-)/〕
 
と、いうことで交歓大会。
 
今年は毎年必ず試合をしている北都との対戦。
昨年は札大杯での対戦でした。
久しぶりに試合に燃える6年生と、
新人戦からテンションの高い4・5年生がどういう試合を見せてくれるか?
 
1Q立ち上がり、攻めるゴールを間違えるという一瞬もありましたが、
その後6年生が淡々と得点を重ねていきます。
久々にしては上出来!
2Qも新人戦の勢いそのままのJr。
結局攻め続け、前半を31-9で折り返します。
 
後半に入り、さらにテンポアップしていく平岡中央。
5・6月に比べかなりスピード感が出てきました。
4Qは久しぶりに全員出場。
62-21で終了。
 
さて、楽しみだった上野幌西戦。
こちらは春のDブロックを制して夏の全道大会出場を決めています。
とうぜん、びっちりと全道に向けて取り組んでいることでしょう。
さて、ここに対してどれだけ戦う気持ちで向かっていけるか?
 
1Q、立ち上がり3分くらいは何とか試合として成立します。
しっかりとプレッシャーマンツーに対してボール運びも出来て、
5月の頃と比べても成長が見られます。
しかし、時間が経つにつれ弱い面がだんだんと・・・
 
結局ボールキープできるのが二人しかいないのがバレバレに。
アトはそこを守ればOK! みたいな・・・
ビデオで確認してもほとんど映らない。
一体どこに隠れているんだ?
しかも守れない(T^T)
いきなり2-12と10点ビハインド(;O;)
 
2Qはすさまじい戦い。
全く互角に戦っていきます。
5人全員がボールタッチが短くなり、とても早い展開が出来るようになってきました。
しかも、1回のオフェンスで必ず全員がボールに触っている。
これが大きい。
バスケット選手にとってボールに触れないというのがとにかく落ち着かない。
時々しかボールに触れないと慌ててしまったり、
無理矢理ドリブルしたり、無理矢理シュートを打ったりします。
 
これが悪循環。
 
2Qは練習していただけあってリズムが出来ています。
Dブロックチャンピオンと全くの互角で、
10点差のままで後半につなぎます。
 
せっかく2Qでいい流れを作ったものの、
3Qにはいるとやはり練習していなかった6年生にボロが出ます。
急にボールの周りが悪くなり、慌てたシュートになってしまい、
結局シュートが入らない。
ディフェンスもいい形では入れない。
 
最悪の循環です。
 
4Q、思い切って6年生を下げ、オールJrチームで上野幌西にチャレンジ!
 
急にアップテンポになり、いいリズムでシュートに行くようになります。
やはり、のっている時は違う。
 
ベンチで6年生にアドバイスをして、途中からコートに復帰。
結局4Qもほぼ互角で戦うことができたものの、22-48と負け。
練習していなかった6年生がイマイチかみ合わなかったのはしょうがないので、
これから、これから。
 
さて、来週で1学期も終わり、暑い夏のスタート。
今年は休み明けに新人戦の準決勝・決勝があるのでだらだらした過ごし方は出来ません。
 
がんばろー!
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中