山は高い方が登りがいがある


秋季交歓大会が始まりました。
 
大会直前、旭がインフルエンザ蔓延による辞退の連絡。
 
やはり、試合をやって負けるならともかく、
試合すら出来ないというのはかわいそう。
 
次回の本予選はどうなるでしょうか?
 
さて、1回戦は澄川との対戦。
選抜で一緒に組んだIコーチ3月以来の久々の対戦です。
 
 
あの時よりお互いに上手になっているのは当たり前。
6年生の多い澄川と下級生の多い平岡中央ののびを確認できる1戦でした。
 
1Qはかなり互角の戦い。
ガチャガチャバスケットですが、もうしょうがない(^^ゞ
がんばりは見られるので、まあこれくらいかなと。
でも、本当に強いチームとやったらひとたまりもないぞ。
それは2試合目に出てしまうのですが、まあ、それは後で。
 
1Qを10-8とほぼ互角に戦えれば2Qは引き離しに入ります。
2Qは安定したディフェンス力があるので攻めにくい澄川。
しっかりと引き離し20-13で前半を終えます。
 
後半に入り、ちょっとゲームの流れが重たくなります。
お互いに得点できない時間が長く、
苦しい中、何とか得点を決める平岡中央。
これで決まったかなと思ったところで4Q後半澄川の猛攻が始まります。
ラスト1分で2点差まで追い詰められ、たまらずタイム申請を出しますが、
ここで選手が頑張ります。
もう一段ディフェンスレベルを上げたような感じで、
一気に連続ゴール。
昨日の幌西戦でミスしたノータイムの使い方も完璧に、
ラストはユイがブザービーターを決め、
しっかりと38-30と勝利することが出来ました!
 
2回戦はいよいよ美しが丘!
前回は前半は頑張れたものの、
3Qに一気に突き放され試合を決められてしまいました。
今回は課題の後半を強化してどれくらい通用するのか?
 
立ち上がり、あまりにヒドイ平岡中央。
 
結局ディフェンスできない1Qなので本当にざるのようにやられます。
すでに1Qだけで9点?くらい差。
くらくらしてしまいますが、2Qに
「追いついてこい!」
と送り出します。
しかし美しが丘の壁は高くJrではキツイ!
それでも点差を1点縮めて戻って来ます。
前半終わって8点差。
 
さて、ここから!
前回突き放された3Qはなんとかしのぎきります。
ほぼ互角で乗り切り勝負は4Qに。
ここで、1分間のクォータータイムの過ごし方に差が出ました。
疲れと互角に戦い、ちょっとほっとしてしまった平岡中央と、
必死になり、気合いが入った美しが丘。
4Qに入りいきなり怒濤のラッシュを喰らいたまらずタイムアウト。
 
しかし、1度切れてしまった集中力は取り戻せずに、
結局20点くらい放り込まれました。
最終スコアも良く覚えていないくらい完璧にやられました(T^T)
 
でも、3Qはやろうとしていたバスケットがなんとかできていました。
これはやはり高い目標を持って取り組んでいたから出来たこと。
 
負けましたが、まだ大会は続きます。
 
 
来週末は5位シードをかけて三里塚との戦い。
今日の試合を見ていてもすごく上手になっていました。
 
 
気持ちを入れ直してしっかりと戦いましょう。
 
さて、仕事 仕事と・・・・・(T^T)
 
 
 
 
 
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中