終わってしまったストーリー


昨日、娘のチームの全市大会がありました。
 
 
娘達、ベスト連中は1年生からミニバスをスタートしている筋金入りで(^^ゞ
本当に全国を目指して取り組んでいました。

それが、初の地区大会の決勝では1点差の逆転負け。
全市大会でも優勝したチームと延長の末1点差で負け。
必勝を期した秋季大会でも決勝で逆転の1点差負けと、ここ一番の逆転1点差負けが3回。

何とか秋季の全市大会、そして全道大会では勝ち抜いて欲しいと指導者と一緒に願っていました。

しかし・・・

実は娘の通う学校が、水曜日から日曜日まで学校閉鎖。
昨日のの大事な全市1回戦、
6年生7人中6人が出られなくなりました(>_<)
しかも、悔しいことに6年生は罹患率0%なんですよ!
なのに学校閉鎖です(`へ´)フンッ。

指導者は辞退も考えましたが、
唯一の6年生が出たいと言ったために、
選手登録を6年生数名はずし、3年生を入れたために大会には出場しました。

出場した選手達は出られない6年生の分もゴールを目指してくれました。
果敢に突っ込んでいき、
少しでもゴールに近づこうと頑張っていました。
相手が2人来ても3人来てもシュートまで行こうとします。
最後の最後まで、選手達の戦う気持ちが伝わってきました。
 
でも、娘達のシーズンは会場に入ることすらできずに終わってしまいました・・・
 
 
 
今シーズン、あちらこちらでこのようなことが起きてしまいました。
 
勝ち残ったチームは消えていったチームのためにもがんばってほしいと思います。
 
 
 
そして、平岡中央。
 
予定よりだいぶ早いのですが、来週から冬季新人ポテト予選が始まることになりました。
 
しっかりと足を使ったディフェンス。
そして、ゴールに向かって敵に立ち向かう心。
 
あと1週間バスケットができる喜びを感じながら取り組んでいきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中