そしてついに・・・


続きです。

 

ついに秋季大会前最終戦。

苫小牧2位の錦岡との対戦です。

 

落ち着きを取り戻してきた錦岡。

対する平岡中央はディフェンスは安定してきているものの、

弱気なオフェンスがちらほら( –_-)

さらに2日連続の3試合目。

かなりヘビーです。

特に復帰組には負荷が強いよう。

全く足が付いていきません。

ひたすら抜かれまくります。

致命的なのがリバウンドが取れないこと。

全く落下地点に移動できません。

自分のマークマンを追っかけるので精一杯です。

他の選手もシュートがめちゃくちゃ。

というよりも、シュートにも行かない6年生。

自分は敵が来たら止まるけど、

相手は止まってくれない。

それじゃあいい結果が出ないのは当たり前。

 

本当にラストゲームだという意識があるのか?

 

後半はさらに追い打ちをかけるように走らせますが、

全く足は付いていきません。

まあ疲れたのでしょうね_| ̄|○

 

結果的にはそのまま勝ちましたが、

勝ち負けではなく、

大会前最後のの大切な一戦。

ついに終わってしまいました。

 

6年生の皆さん、やり残したことはないでしょうか?

 

 

 

あと、10日で秋季大会が始まります。

どのチームの6年生にとってファイナルとなる秋季大会。

『自信』と相手に立ち向かう『勇気』

そして、その『覚悟』が必要です。

 

『自信』とは自分を信じること。

今まで自分が本気で努力してきた事を信じること。

まあ、本気で努力してきていない選手は『自信』なんて持てないのでしょうが・・・

 

その『自信』を持った上で相手に立ち向かう『勇気』!

 

強く当たる!

強くつかむ!

強く踏み込む!

 

 

最後は『覚悟』ですが、

ぜひ有言実行をしてもらおうかと(^_^;

日本は古来、無言実行を美徳とする習慣がありましたが、

無言実行とは結局、

「恥ずかしくて言えない。」

とか、

「成功したら人に言おう。」

などという消極的覚悟です。

それではダメ。

 

「山王はオレが倒す! by桜木花道」

というような有言実行はやはり積極的覚悟ですよね。

「これで倒すしかなくなったな。」

 

 

今6年生に必要なのはどんなに大きくてもいい、

根拠がなくてもいい!

強く自分を信じて、

大きな声で言う積極的覚悟が必要です。

 

よし、明日やろう!

広告

そしてついに・・・」への2件のフィードバック

  1. 先日は、大変お世話になりました。

    私的トラブルで、審判割にまでご迷惑をおかけしてしまい…申し訳ありませんでした(汗)

    チームとしては、強豪チームとの連戦で、精神修行が出来ました♪
    そして、メンバーが揃って無く、疲労もピークとはいえ、全道のトップクラスのチームと、接戦をする事が出来て、自信もつきました♪

    でも、最近…3点差の負けが多く、勝ちきる事の難しさを、改めて感じています(汗)

    子供たちにも言いましたが…逆に、ボロボロのコンディションでも、シッカリ勝ちきる事が出来る平岡中央さんは、本当に力のある素晴らしいチームですね!

    是非、大きな舞台で『有言実行』をやりきって下さい!!

    ウチは、今はない2枠目を狙います(笑)

    • わざわざ来て頂きありがとうございました。

      有言実行ですが、

      キャプテンは「全国大会に行きたい。」で、
      あとの選手の目標は「リバウンドを取る。」「ヘルプをしっかりする。」・・・

      一人だけ全道大会に行きたいというのがいたな~

      と、その程度の目標だそうです。

      まあ、これで試合にはならないことがはっきりしてしまいました(T-T)

      実はこの問題は4月から続いていて、
      全く選手のモチベーションが上がらない状態が続いています。

      何度も選手には話をしてきたのですが、
      1・2年生からミニバスをやっているのに、
      結局はリバウンドを取れたら満足なのかと、
      とても残念な気持ちでいっぱいです。

      まあ、最後までこの目標なので、
      今年はそれで選手達が満足するのだからいいかと、、
      それ以上を期待することはやめました。

      でも、6年生が言った後に5年生が、
      「私達も言いたい!」
      と直訴してきて、
      言った言葉が、
      「全国優勝したいです!」
      とみんな言いいました。
      来年は期待が持てそうです。

      何度言っても
      ”目標”と”そのための方法”の違いが理解できない6年生。
      結局、何のためにリバウンドを取るのか、
      シュートを入れるのか。

      まあ、きっとこのブログも読んでいないくらい関心もないかもしれませんね。

      はあ・・・しょうがないか(´・ω:;.:…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中