全道大会、終わる


3日間(開会式を入れると4日間)の全道大会が無事終了しました。

 

平岡中央もケガがなければこれたかな~

と、思いながら全道大会を見ていました。

昨年もそうだったのですが、

この大会が終わらないと、

その年のチームが終わらない感じがするんですよね(^_^;

 

優勝した苫小牧緑のみなさん、

本当におめでとうございます\(^O^)/

 

苫小牧緑のコーチ陣とはよく話をします。

今日の準決勝、新琴似北との試合で、

3Qまでほとんど互角だったのですが、

マンツーマンDFが途中で変化して新琴似北がそれに対応できずに離されました。

試合終了後、

「あれは、指示を出したのですか?」

とコーチに聞いてみると、

「いや、まったく(^_^; 子ども達が動き出しました。」

とのこと。

「でも、ブログには指示したと書いておいて。」

バラしちゃいます(^_^;

しかし、新琴似北のOFに対して自分たちでDFを変化させる苫小牧緑。

優勝するわけです。

 

男子の優勝は斜里。

徹底して自分たちのバスケットをしていました。

まるでビデオテープを見ているように同じプレーの繰り返しなのですが、

それを止められない各チーム。

男子は2-1-2ゾーンを行うチームが多かったのですが、

斜里に対しては1-3-1か3-2の方が良かったのかもしれませんね。

どこかのチームに試してほしかったな。

 

優勝した両チームに共通するのは比較的小さいということ。

ガード陣のアウトサイドシュートと、

フォワード陣のジャンプシュートのシュート確率が半端なくいい!

もともとドライブスピードが速いために、

ボールを持つと反射的にDFが抜かれないために引いてしまう。

そこをジャンプシュートして確実に決める。

言うのは簡単ですが、

なかなか出来ることではないですね~

 

全国でもがんばってくださいね。

 

 

さて、チームは明日1日練習をしたらもう3学期です(T-T)

自分は函館での中学道南大会。

ミニバス練習。

そして、全道大会と結局バスケで終わってしまった感がありますが、

一番辛いのは靱帯が治らなかったこと(T-T)

いや~本当にマズイ。 ヤバイ。

 

とりあえず、週末の交歓大会の審判、どうしたものか?

広告

全道大会、終わる」への2件のフィードバック

  1. ミニバス全道大会お疲れ様でした。

    お陰様で優勝、全国大会への切符を獲得できました。

    今日の準決勝、決勝は選手コーチとも頑張ってきた結果が出せて良かったです。
    ここに辿り着くまで紆余曲折あったとおもいますが、頑張ったと思います。
    本当にお疲れ様でした。

    他のチームよりもう少し6年生がミニバスをできるチャンスに恵まれたことに感謝したいと思います。

    男子決勝は面白いゲームでしたね。
    両チームとも、他のチームとは違った大人バスケの要素が盛り込まれた新鮮な試合でした。

    • コメントありがとうございます。
      そして全道優勝、おめでとうございます。

      いつかは終わってしまうミニバスですが、
      3月の最後まで試合ができる喜びをかみしめながら、
      北海道代表としてがんばってきてほしいものです。

      試合終了後、すぐコーチ陣と話をしていたのですが、
      「こんな感じの試合で良かったのかな・・・」
      と、試合内容には反省すべき点があるようで、
      全道決勝でも向上しようとする姿勢に驚かされました。

      また全国大会までに、きっと一伸びさせてくれるのかな?
      そんな期待を持ちました。

      がんばってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中