AVCHDをBD-Rに


すでに他のブロックでは終了したブロックもありますが、

平岡中央もあと2週間ほどで春季大会がはじまります。

GWでいっぱい欠点の見えた平岡中央はひたすら練習の毎日ですが、

明後日南幌と上野幌西と練習試合があります。

3週間でどのくらい変化があるものなのか、

経験の少ないチームなだけに楽しみではありますね。

 

さて、いつも試合のビデオを撮ってもらっているのですが、

今年はどうやらチームでビデオをDVDにすることができないようで、

四苦八苦しているようです。

そこで、私が簡単にできないものかといろいろ試行錯誤。

ここからはいつものマニアックな話(^0^;)

 

まず、録画は今主流のAVCHDのハイビジョンビデオカメラ。

いつも私はデータをメモリカードにコピーしてもらってそれを直接PCにコピー。

そのデータを見ているのでいちいちDVDやブルーレイにしていません。

しかし、親も見たいとなるとデータそのままでは見られない。

そこで一般的なDVDにエンコードして焼いてしまえば見られるわけですが、

今の時代、みんなハイビジョンテレビなのに

何故わざわざDVDにダウンエンコードしなくてはいけないのか?

そもそもエンコードには結構時間がかかります。

せっかくハイビジョンで録画してあるのだからそのまま見た方が絶対綺麗!

ということでハイビジョンでBD-Rに録画できる方法を探します。

まずは、自分の手持ちのソフトでできるか試してみます。

ちょっと古いのですがDVDやBD-Rに録画できるMovieWriter7。

結構重宝して長年使っています。

さらに数少ないAVCHDをスマートレンダリングできるソフトでもあります。

早速実行!

・・

・・・・

・・・・・・おっ、重い・・・・

動かん!

 

何が原因かわからないが全く動く気配がない。

忘れた頃に進んでいるという感じ。

1枚のBD-Rを編集するのにものすごい時間がかかります。

これはあまりに実用的ではない。

他のは勝手に再エンコードしてしまうのがほとんど。

その場合はエンコードに時間がかかる上、

BD-R1枚に2時間ほどしか録画できない。

 

何かいいソフトはないかと調べていくと、

multiAVCHDというフリーソフトが希望の機能を備えている模様。

本格的なメニュー画面を作成できるブルーレイビデオオーサリングツール。

M2TS / TS / MKV / MP4 / MPG 等々の動画ファイルを元に、

Blu-ray データ (AVCHD フォルダ) を一発生成してくれるブルーレイ変換ツールです。

トップメニュー / チャプターメニュー /

(音声&字幕 の) セットアップメニュー を作成する機能や、

動画に音声 / 字幕 を合成する機能、チャプター設定機能、

ウェルカムスクリーン作成機能 等々が付いています。

 

こいつはいい!

ということで早速インストール。

・・・・

英語じゃん(>_<)

しかも設定するところが多すぎ!

それでもめげずにグーグル先生の力を借りて1枚作ってみます。

あれっ?

設定にミスはないと思うのだが、

メニューに映像が出てこない。

しかも、いくつか焼かれていないファイルがあるぞ?

 

原因を追及しますが、結局不明(>_<)

 

ここでくじけて次のソフト探しの旅へ。

見つけましたPegasys TMPGEnc Authoring Works5

早速体験版があったのでインストール。

 

日本語ってすばらしい!

さくさくと直感で設定していきます。

おおっ!

軽い!

しかも思った通りの編集やメニューを付けることができる。

早速購入決定!

 

まあ、正直自分で使うことは全くなさそうなのですが、

これで作業時間は大幅に短くなりそうです(#^.^#)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中