WindowsXPをWindows8にアップグレードする


サーバーを外に移したのを機に、

サーバー機のWindowsXPをWindows8にアップグレードしました。

 

Windows8のネットでの評判は微妙。

デスクトップPCに入れるのは辞めた方が・・・

という記事の方が圧倒的。

それでも月末まで3300円という安さに惹かれてインストール。

ネットからのダウンロード購入という形でダウンロードからインストール完了まで1時間あまり。

途中、何度か再起動した後、

ユーザーアカウントを登録してログイン。

元々のローカルアカウントとマイクロソフトアカウントの両方でログインできます。

ローカルだとこんな感じ。

Windows8の特徴であるMetroUIです。

Andoroidのホーム画面のようです。

マイクロソフトアカウントでログインすると、

スカイドライブと連結していろいろな情報が表示されます。

 

とりあえず、このままでは全くわからないので

昔ながらのデスクトップに切り替えると・・・

 

スタートボタンがない!

ソフトも起動できない!

コントロールパネルもないから設定ができない!

終了はどうやってやる?

さっぱりわからない!

 

とりあえずこのままでは全く動かせないのでスタートボタンを復活させます。

Google先生に聞いてみるといろいろの方法があるようです。

完全にWindows7化してしまい、MetroUIを消してしまう方法も。

ただ、それをやるとWindows8である必要が全くないような気がするので

今回は

Classic Shell J

というソフトを試してみました。

何とかスタートボタンは復活。

これでいろいろと中が見られそうです。

 

また、しばらくいじったらレビューしますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中